就業時間は機能性を追求

ウーマン

プライベートは華麗に演出

女性用のスーツは、紳士用のものよりも後から出てきたもので、基本的には類似点が多いデザインとなっていました。それまでの女性らしいドレスは、社会に進出し始め仕事をするにあたって動きやすいとは言えず相応しい格好ではなかったのです。しかしフランスの女性デザイナーによる、女性のためのスーツが考案されてからは画期的な効果があったのでした。それまでは機能的なスーツはあっても、ファッショナブルではないデザインだったので流行には及ばなかったのです。デザイナー自身がスーツを積極的に着用し、外で披露することで機能的であるのにファッショナブルでもあることが証明されます。類似点はあっても、女性用にデザインされたスーツは、機能性に富みながらもセクシーさも併せ持っていたのです。現代では社会人として働く女性の多くが、職場ではスーツを着用するのは常識的で当たり前のことになりました。しかし女性用のスーツは、紳士用のものとは違いデザインが多くあり、個性的なタイプも多いです。スカートの丈や上着のえりの形、インナーのシャツなどで人とは違った個性を発揮することができます。最初からセクシーさを狙ったデザインもありますが、ごくごく普通のスタイルでもインナーの色や素材を変えればセクシーにも着こなせるのです。仕事が終わればプライベートな時間が始まるので、ちょっとしたアレンジを加えれば仕事バージョンからセクシーバージョンにチェンジできます。全く別のものに着替えるよりも、アイデア次第で充分にセクシーさを演出すれば時間も無駄になりません。

Copyright© 2017 魅惑のボディをアピール!【セクシースーツを着よう】 All Rights Reserved.